学校概要/音楽総合コース

音楽総合コース

コースの趣旨

「音楽総合コース」は、音楽を幅広く、総合的に学ぶコースで、将来、音楽の教師を目指す皆さんや、音楽関係の仕事に進みたいと思う皆さんのために設けたコースです。このコースでは、音楽の基礎的な能力を身につけることを目的とし、将来、様々な場面で活躍できるように、多くの体験的学習を授業に取り入れています。

コースの特色

2つ以上の実技を学ぶことができます。
音楽教育の現場で指導する上で一つの専攻の勉強のみでは補えない面があります。複数の実技を履修することによって、希望する楽器の知識を得る機会を設けています。
独自のカリキュラムがあります。
様々な状況に対応できる能力を養うために、音楽総合コースでは他の専攻とは違う、独自のカリキュラムが組まれています。
音楽総合コース特別講座
音楽関連の仕事をされている様々な分野の方をゲストに迎えての特別講座です。講座では、古楽器、民族音楽の講義やレッスンを受けます。また、ホール見学などを行い、コンサートを行う上での舞台裏についても理解を深めます。
コンピューターと音楽
シンセサイザーでどのようなことができるのか、基本的な操作方法を学んでいきます。これからのミュージック・シーンを担う人材育成の現場では、広くシンセサイザーが活用されています。日本のロック/ポップ・シーンの第一線で活躍を続けている講師陣が授業を担当します。
ピアノ演習
音楽の授業では必ず合唱指導の機会があります。ピアノを用いた合唱指導法を習得します。またピアノの演奏表現、演奏指導の在り方について模擬授業・ロールプレイを通じ学びます。
指揮法
将来、合唱、吹奏楽、オーケストラの指導をする上では指揮の能力が問われます。指揮についての基礎的なテクニックについて学びます。
小論文
自己表現の形式を身につけながら、探求意欲を養うことが目標となります。様々な国、時代、ジャンルの音楽及び研究分野について触れ、音楽に対する視野を広げることを目的としています。
音楽療法
障害や病気を持つ方々に対する理解を深め、音楽が人に及ぼす影響(心理的、生理的面)について考え、音楽によって病気の治療向上に役立つ効果について学びます。
リトミック
リトミック学習の三つの視点(リズム・ソルフェージュ・即興)を体験しながら、音色やニュアンスなどをより細やかに深く感じ取り、音楽として表現することを身につけます。

入学試験科目と課題曲につきましては本校HPの入学試験要項をごらんください。

音楽総合コース 卒業生紹介

さいたま市立中学校 音楽科教諭 浜 宏美さん 音楽総合コース 2010年度卒業

「人を育て、自分を育てる人になることを学べた高校時代」

浜 宏美さん

現在、私は担任や吹奏楽部の顧問を務めながら、忙しくも充実した毎日を過ごしています。音楽の先生は全学年全クラスの授業をすることができ、学校の生徒全員と共に過ごすことができます。合唱コンクールの企画・運営も1人で任され、プレッシャーもありますが、やり遂げた後の達成感には大きなものがあります。また、校歌指導も大事な仕事の一つですが、それぞれの行事で違う校歌の意味合いを生徒が理解してくれた時に、本当に感動的な歌声を聴くことができます。私は音楽活動を通して色々な角度から物事を見る力のある生徒を育てることを一番大事に考えていますが、そのための力を付属高校の音楽総合コースで学ぶことができました。特にピアノとトランペットの2つの実技を3年間しっかりと学ぶことができたこと、吹奏楽、合唱、指揮法などの授業を通じても実技の力を鍛えることができたことが一番の財産になっています。また、高校時代に目の前にある色々な授業をとにかく貪欲に学んできたことが、今、学校の現場で役に立っています。まだまだ色々な力が足りない私ですが、これからも高校時代のように謙虚に学び続けたいと思っています。総合コースの後輩の皆さんも、自分から色々なことを謙虚に、そして貪欲に学び続けてほしいと思います。

pagetop